あがり症は漢方で対処しよう!

あがり症に効果があるとされている漢方薬はいくつかあります。
市販の漢方薬もありますが、漢方専門の医師または薬局にてご自身の症状に合ったものを選んでもらうのがよいと思います。

 

というのも、漢方薬の処方のルールとして、虚実、気血水という考え方があります。
患者さんの健康状態を見て(元気があるかとか、虚弱体質か、など)同じあがり症でも処方する内容が変わってきます。

 

ですのでぜひ、漢方の専門医、もしくは漢方の専門薬局に相談してみてください。
あなたにピッタリの漢方薬を選んでくれると思います。

 

以下にあがり症に効果があるとされる漢方処方を列挙します。

 

柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

体力があり(中程度以上)、神経質で不安が強く、よく動悸を起こす場合や、対人恐怖や視線恐怖があり、
人間関係において特に不安になるタイプに用いられます。
体力のあるあがり症の方に一番向いている漢方薬です。

 

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

柴胡加竜骨牡蠣湯と同じように不安・対人恐怖などに用いられますが、
体力がない人や、気力が落ちてしまっている人に用いられます。
冷え性の人、胃が弱い人、うつ傾向がある人、寝汗をかく人などの恐怖・不安・不眠が対象となっています。

 

甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)

上記の2つの柴胡系と違い、感情の起伏の激しい人に用いられます。
パニックや過換気症候群、感情的で時に衝動的な行動を起こす患者、
フラッシュバックによる悲哀的感情のある患者に用いられます。

 

体力が弱くても使用でき、頓服薬としても用いられますので、
今日だけ使いたい、というあがり症の方に向いているかもしれませんね。

 

桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

上記の漢方薬と同様に、動悸・不安・緊張・不眠などに適応がありますが、
特にフラッシュバックや悪夢が繰り返される場合に有効とされています。
プレゼン前に嫌な夢をよく見る、過去の失敗を思い出してしまうというあがり症の方に向いているかもしれません。

 

 

これ以外にももちろんありますのでご自分がどんなタイプのあがり症なのかよく考えたうえで、
漢方専門医、漢方専門薬局に相談してみてくださいね。

 

 

 

 

関連ページ

全国のあがり症の病院(治療院)一覧
あがり症を治療してくれる全国の治療院をまとめてみました。
空手であがり症を克服しよう!
空手の練習には何度も何度も「極め」が出てきて「気合い」を出さなくてはなりません。この疑似体験があがり症克服に役立つのです。
あがり症の市販薬を今すぐチェック!
あがり症の市販薬を知らないでは済まされない!今すぐチェック!
ためしてガッテン流【緊張しない方法】まとめ
先日NHK「ためしてガッテン」で緊張しない方法について放映されていました。番組で紹介されていた緊張しない方法についてまとめてみました。
相手を引き込む話し方のコツ
今日は「相手を引き込む話し方のコツ」についてまとめました。話し方にもコツがあるんですよ。
自分をよく見せなくてもいいと思うことがあがり症克服のカギ
会議や会合のスピーチで自分をよく見せようと頑張って話をしている人がいます。これはあがりの原因の1つです。
あがり症克服〜スピーチの型を覚えよう(ゴルフコンペ・結婚式)
あがり症克服の1つのテクニックとして、色々なパーティーではそれぞれのスピーチの型がありますから、それを学習しておくことです。
アナウンサーや芸能人などプロのはなし家はなぜ上がらないか?
アナウンサーや芸能人などプロのはなし家は目標に対して強い意志が働いているため、難度のあがり症であっても乗り越えてきたわけです。これは一般の人達には非常に参考になると思われます。