ためしてガッテン流【緊張しない方法】

 

学生時代の学校行事で華麗に司会進行を努める実行委員や会議でテンポよくプレゼンを進める仕事仲間。
人前で上手く話す人はいつだって上がり症の人達にとっての憧れですよね。

 

先日NHK「ためしてガッテン」で緊張しない方法について放映されていました。
ここでは番組で紹介されていた緊張しない方法についておさらいしてみましょう。

 

人前で発表する人は誰だって緊張する!自分だけではない!

どんなに人前で話すことになれている人だって、本番前にはそれなりに緊張しています。
人は誰だって最初は上がり症。

 

「人前に立つといつも緊張するから向いていない」のではなく、単に慣れていないだけです。
「緊張することに慣れる」ことが重要なのです。

 

発表する内容はとにかく完璧にする!

発表に慣れていない人ほど事前準備がおろそかになっていることは多いものです。
資料の準備を完璧にすることは当然ですが、それで満足してはいけません。

 

本当にその内容は理解していますか?
もし機器の故障で画面が上手く映らなかった場合、それを説明でフォローできますか?
読めない漢字や英単語はありませんか?

 

発表前日までに一人で実際に口に出してトレーニングしてみましょう。
一人でスラスラと発表できないようでは人前で上手く話せるはずがありません。

 

数をこなすこと!

上記のような対策を経ての発表を出来る限り数多くこなしましょう。
慣れないうちは練習に案外時間がかかってしまうかもしれません。

 

ですが、数をこなすうちに話し方や準備にも慣れてきます。
それに、上でも述べた通り、緊張しなくなることは難しくても、「緊張することに慣れる」ことが重要です。
数をこなすことで、適度な緊張によって本番に強くなるように、精神を鍛えられていくでしょう。

 

いかがでしょうか。

どんなに余裕そうな人でも、みんなそれなりに緊張していますし、最大限の努力をしているものです。
「自分は向いていないから・・・」と考えるのではなく、とにかく数多くの機会を全力で取り組むことで
あなたも周りから「発表が上手い」と思われるようになるでしょう。

 

関連ページ

全国のあがり症の病院(治療院)一覧
あがり症を治療してくれる全国の治療院をまとめてみました。
空手であがり症を克服しよう!
空手の練習には何度も何度も「極め」が出てきて「気合い」を出さなくてはなりません。この疑似体験があがり症克服に役立つのです。
あがり症の市販薬を今すぐチェック!
あがり症の市販薬を知らないでは済まされない!今すぐチェック!
相手を引き込む話し方のコツ
今日は「相手を引き込む話し方のコツ」についてまとめました。話し方にもコツがあるんですよ。
あがり症は漢方で対策するのはもう常識?
あがり症に効果があるとされている漢方薬はいくつかあります。あがり症に効果があるとされる漢方処方を列挙します。
自分をよく見せなくてもいいと思うことがあがり症克服のカギ
会議や会合のスピーチで自分をよく見せようと頑張って話をしている人がいます。これはあがりの原因の1つです。
あがり症克服〜スピーチの型を覚えよう(ゴルフコンペ・結婚式)
あがり症克服の1つのテクニックとして、色々なパーティーではそれぞれのスピーチの型がありますから、それを学習しておくことです。
アナウンサーや芸能人などプロのはなし家はなぜ上がらないか?
アナウンサーや芸能人などプロのはなし家は目標に対して強い意志が働いているため、難度のあがり症であっても乗り越えてきたわけです。これは一般の人達には非常に参考になると思われます。