アナウンサーや芸能人などプロのはなし家はなぜ上がらないか?

 

プロのはなし家は上がらない?

話をすること自体を職業にしている人達は大勢います。
アナウンサーや芸能人、タレント、落語家、政治家、教師など日常的に目にします。
一般の人よりはるかに話をする機会が多く、話を聞く聴衆は数十人から何万人、何十万人という桁外れの数字となります。
この話をすることを仕事としている人達は、人前に出て上がらないのでしょうか?

 

確かに上がってしまって立ち往生しているアナウンサーは見たことはありませんし、
テレビのコメンテーターがあがって震えている人はいませんね。

 

では上がらないかと言えばそうではなく実はあがっている人もいます。
否、あがっている人の方が圧倒的に多いです。
あがっていないように見えるだけです。
プロたる者は自分があがっていることを人に悟られてはいけないのです。

 

上がるのは仕方ないことで誰でも状況によっては上がります。
ただ上がっている様子は全く見ないように話しをしています。これがプロです。

 

プロと一般の人の違い

最も大きな違いは、人前で話しをすることを職業に選んでいることです。
自分の生涯の生活の土台をここにおいていますから当然強い意志が働いています。

 

例えは非常に厳しいですが、強度の対人恐怖症や社会不安障害、パニック障害になどに罹患している人であっても、教師になりたい、政治家になりたいという強い希望と意志がありさえすれば必ず克服できます。

 

人前に出ると赤面する、言葉がうまく出てこない、汗が出る、などの一般的な上がり症状などは芸能人になるために大きな障害ではありません。
目標を達成しようとする意志の強さが上がり症のリスクをはるかに凌駕して克服しながら進んでいきます。
この人前で話しをすることの意志力は一般の人達とは大きく異なっています。

 

これもあがり克服のための重要な方法です。
専門用語で行動療法といいます。
行動療法とは、あがり症の人が、その人が通ってきた道で常に前を向いて経験を積みながら恐怖心を克服していく療法です。

 

プロは自分のあがり症を味方にしている

プロの人が時々言われることで、適度な緊張感はスピーチの時に大変役に立つ、と言います。

 

人は人前で話しをしようとすると自律神経の交感神経が活性化して心拍数や血圧があがり、
発汗、ふるえ、動悸などのいわゆる上がり症状が出ます。これは一種の緊張感です。
これが酷くなると話ができなくなったり、話の途中で頭が真っ白になったりします。

 

 

ある程度経験を積んでくると、この緊張感がスピーチの応援をしてくれるようになります。
この緊張感は言わばスピーチのエネルギーです。心地よい緊張感といって楽しんでいる人もいます。
このエネルギーがスピーチの内容にも影響して感動的で思ってもいなかったような言葉や事柄が頭に浮かんで、話ができる場合があります。

 

プロの人達はテーマに関して起承転結だけでなく、盛り上げる部分、訴求力を強くする部分、
穏やかな部分などの抑揚も心得ています。観衆を魅了するコツも会得しています。
常に前向きの行動する姿勢が全ての原動力となっています。

 

プロが話をする姿勢、態度は一般の人にも参考になる

プロのはなし家ですから、当然一般の人にも参考になります。

 

あがり克服法の成功失敗は本人の意志力次第です。
意志が弱ければ克服はできません。例え医師による治療で治そうと思っても完治は難しいでしょう。

 

人生の目標をしっかり持って、それに向かって力強く進む意志力が必要です。
プロの人達は目標に対して強い意志が働いているため、難度のあがり症であっても乗り越えてきたわけです。
これは一般の人達には非常に参考になると思われます。

 

プロのはなし家ではなくとも、会社の会合、会議で強い仕事の目標があれば、
あがり症を乗り越えて会議のリーダーシップが取れ、訴求力が増すことになります。
それによって評価が高まれば、益々、スピーチの技術に磨きがかかります。

 

 

 

関連ページ

全国のあがり症の病院(治療院)一覧
あがり症を治療してくれる全国の治療院をまとめてみました。
空手であがり症を克服しよう!
空手の練習には何度も何度も「極め」が出てきて「気合い」を出さなくてはなりません。この疑似体験があがり症克服に役立つのです。
あがり症の市販薬を今すぐチェック!
あがり症の市販薬を知らないでは済まされない!今すぐチェック!
ためしてガッテン流【緊張しない方法】まとめ
先日NHK「ためしてガッテン」で緊張しない方法について放映されていました。番組で紹介されていた緊張しない方法についてまとめてみました。
相手を引き込む話し方のコツ
今日は「相手を引き込む話し方のコツ」についてまとめました。話し方にもコツがあるんですよ。
あがり症は漢方で対策するのはもう常識?
あがり症に効果があるとされている漢方薬はいくつかあります。あがり症に効果があるとされる漢方処方を列挙します。
自分をよく見せなくてもいいと思うことがあがり症克服のカギ
会議や会合のスピーチで自分をよく見せようと頑張って話をしている人がいます。これはあがりの原因の1つです。
あがり症克服〜スピーチの型を覚えよう(ゴルフコンペ・結婚式)
あがり症克服の1つのテクニックとして、色々なパーティーではそれぞれのスピーチの型がありますから、それを学習しておくことです。