厳しい質問をされた時に上がらない対処の仕方

 

プレゼンテーションの実施や講座の実施など、人前で何かを話す時は多少なりとも「うまくできるだろうか…?」と不安になりますよね。
その不安となる大きな原因の1つが、「参加者からの質問」ではないでしょうか。

 

「今回は、何か質問出るかな…?」や「答えにくい、難しい質問が無ければいいけど…」等々、考えれば考えるほど本番を迎えるのが不安になり、余計に緊張してしまいます。
今回は、このような質問への対処のコツを紹介します。

 

事前に質問を想定しておく

プレゼンテーションにしろ講座にしろ、人前で話す時には事前準備をすることになると思います。
その事前準備を行っている最中に、ある程度は「ありがちな質問」が想定できます。
それらの質問とその回答を事前に考えて、自分用のFAQとしてまとめておきます。
こうすることで、想定通りの質問が出た時には、自分の手元にあるFAQの文章を見ながら落ち着いて返答できます。

 

また、事前の想定通りの質問が出なかったとしても、「しっかりと準備している」という意識が自分の中に芽生えますので、
ある程度緊張を抑える効果も期待できます。

 

即答できない質問対処のセリフを考えておく

質問の中には、自分の知識不足であったり時間不足、話のテーマから逸脱した質問内容であったりと、
さまざまな理由によってその場で即答しづらいものもあります。
このような質問が出た場合の答え方を、あらかじめ自分で準備しておくと、いざという時に慌てずに済みます。

 

知識不足で即答できない場合

例えば自分の知識不足が原因で即答できない場合は、次のように返答できます。
「申し訳ありません。私の勉強不足で正確なお答えをこの場で回答できませんので、一回調べてから後日(または終了後)お答えさせていただいてもよろしいでしょうか?」
あまりにも基本的な質問の場合は別ですが、多くの場合は「構いません」と言ってもらえるはずです。

 

わからないと言いづらい場合

また、素直に「わからない」と言いづらい場合は、次のような答え方も有効です。
「申し訳ありません。今この場で分かりやすく説明できないので、頭の中で説明の言葉を整理する時間を少々頂いてもよろしいでしょうか?」

 

この返答であれば、「知らないわけじゃない」ということを示しつつも、多少の猶予時間を作れます。
この場合は、後日回答というわけにはいかないかもしれませんが、休憩時間中や終了後に調べる位の時間は確保できます。

 

テーマから逸れた質問の場合

また、話のテーマから逸れた質問の場合も、その質問に答えることによって他の参加者に良くない影響を与えてしまうことがあります。
そのような場合の答え方としては次のようなものがあります。

 

「その質問は今回のテーマから少し外れたものになるので、この後休憩時間(または終了後)に個別にお答えさせていただいても宜しいでしょうか?」
この場合も、ほとんどの場合「良いですよ」と言ってもらえるはずです。

 

他の人の意見を聞いてみる

またもう1つケースを紹介します。
質問の中には、唯一の答えを持たないものもあります。
例えば、「ある状況で、どう考えるべきか?またはどう行動すべきか?」というような質問です。

 

このような時、自分の頭の中にある回答がベストとは限らないため、即答しづらいこともあります。
そのような場合は次のような対処が有効です。

 

「○○さん、とても良い質問ですね!では、△△さんは、今の○○さんの質問に対してどう思いますか?」
このように、ある人からの質問を別の人にリレーします。
この方法を使用すると、自分の回答を準備する時間づくりにもなりますし、色々な人の意見を踏まえたうえで自分の回答を準備できます。

 

最後に

このように、人前で話す時の緊張を質問のパターンに応じた返答の仕方を事前に準備しておくことで、
不意な質問による緊張を抑えることが可能になります。
加えて、スムーズな質問への対処は、見ている人、聞いている人にも安心感を与えます。

 

結果、その場の雰囲気からも緊張感が薄れ、前で喋る人の気持ちが楽になりやすくなります。
質問への備えは、是非しっかりとしておきましょう。


 

 

 

関連ページ

全国のあがり症の病院(治療院)一覧
あがり症を治療してくれる全国の治療院をまとめてみました。
空手であがり症を克服しよう!
空手の練習には何度も何度も「極め」が出てきて「気合い」を出さなくてはなりません。この疑似体験があがり症克服に役立つのです。
あがり症の市販薬を今すぐチェック!
あがり症の市販薬を知らないでは済まされない!今すぐチェック!
ためしてガッテン流【緊張しない方法】まとめ
先日NHK「ためしてガッテン」で緊張しない方法について放映されていました。番組で紹介されていた緊張しない方法についてまとめてみました。
相手を引き込む話し方のコツ
今日は「相手を引き込む話し方のコツ」についてまとめました。話し方にもコツがあるんですよ。
あがり症は漢方で対策するのはもう常識?
あがり症に効果があるとされている漢方薬はいくつかあります。あがり症に効果があるとされる漢方処方を列挙します。
自分をよく見せなくてもいいと思うことがあがり症克服のカギ
会議や会合のスピーチで自分をよく見せようと頑張って話をしている人がいます。これはあがりの原因の1つです。
あがり症克服〜スピーチの型を覚えよう(ゴルフコンペ・結婚式)
あがり症克服の1つのテクニックとして、色々なパーティーではそれぞれのスピーチの型がありますから、それを学習しておくことです。
アナウンサーや芸能人などプロのはなし家はなぜ上がらないか?
アナウンサーや芸能人などプロのはなし家は目標に対して強い意志が働いているため、難度のあがり症であっても乗り越えてきたわけです。これは一般の人達には非常に参考になると思われます。