本当の自分を知って、あがり症を克服しました

私はこどもの頃は、すごいあがり症でした。
授業中に先生に指名されて、その場に立って答えるだけなのですが、赤面状態で、声も小さく震えていたような気がします。
みんなが自分を見ているということを意識しすぎて、余計に緊張してしまったのかもしれません。

 

他にも音楽の時間に、歌や笛のテストが苦手でした。
緊張すると、声がうわずるのを通り越して、笑ってしまうのです。

 

そんな調子なので、音楽の成績は良くありませんでした。
高校に入って、ようやく芸術選択ができました。
私は音楽を取らずに、迷わず美術を選択しました。

 

とにかく人前で、一人で発表するのが、ものすごく苦手でした。
今でも得意な方ではないとは思います。

 

しかし、短大の時の授業でのプレゼンは上手くいきました。
それは、自分の作品の意図がちゃんとあって、それをきちんと伝えようと思っていたからかもしれません。

 

人前で何かを発表する、その内容に問題があるのではないかと思います。
仕事でも授業でも、自分が好きで取り組んだものは、逆に伝えたいことがたくさんあるので、それが優先してしまい、あがることはありません。

 

しかし、やらされてる感がいっぱいの時は、今やっていることに集中できずに、他の人の視線が気になってしまいます。
自分の発表に自信がないから、それを見透かされているのではないかという気になってしまうのです。
それで余計に、ありのままの自分でいられなくなって、気持ちが浮ついてしまっているのだと思います。

 

違う言い方をすると、自意識過剰だったのかもしれません。
人は自分のことをどう思っているのだろう、変な風に思われたら嫌だな、という気持ちが、あがり症に繋がっていったのかもしれません。

 

本当の自分を知って、自分が好きなことがわかってからは、他人の目が気にならなくなりました。
そして、気持ちがぶれることがなくなり、あがり症も自然に治りました。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

外国語を学んであがり症を克服
元々が極度のあがり症だった私が、慣れない外国語でのスピーチをすることにより、日本語でのスピーチでは、全くあがることがなくなりました。
あがり症を治した、交感神経遮断術
「あがり症」にも、色々な原因がありますが、「汗が原因」であがってしまうという方は、「交感神経遮断術」は、非常に有効かと思います。
プレゼンの時のあがり症をイメトレと大きな声で克服!
プレゼンの時のあがり症を複数の方のアドバイスにより、イメトレと大きな声を採用。見事に克服できました。
あがり症を克服した簡単な方法
深呼吸・完全な事前準備・現場では忙しくすること、たったこれだけの作業で、私はあがり症を克服することができました。
プレゼンでのあがり症をこうやって克服した!
社会に出ればどうしてもプレゼンををしなければならない場面に遭遇します。あがり症の私がそんな場面を克服した方法をお伝えいたします。
自分を安心させることがあがり症克服のポイント
いかにして自分を安心させるかということがあがり症を克服するためのポイントです。
スピーチを通してあがり症を克服した方法とは?
極度のあがり症だった私が、会社でのスピーチを通してあがり症を克服出来た方法とは?
就活の面接で緊張しないコツ
就職面接の場で緊張しないで自己PRできるようになるコツについてお話します。
子供の頃からのあがり症。治っていませんがなんとかなります
わたしは、子供の頃からあがり症でした。今現在治ってはいませんが、なんとかなっています。
手が震え、口の中が乾き、心臓がドキドキしていたあがり症を克服!
小学校の頃からのあがり症(手が震えて口の中が乾き、心臓がドキドキいって呼吸が浅くなるといった症状)を克服しました。
学校での読み上げの声の震えを克服した方法
大学での出来事。読み上げの声が震えて止まらない。なんとかとりつくろったもののトラウマが。その後どうやってそのトラウマを克服したのかお伝えいたします。
あがり症克服して講師になった
極度のあがり症を克服し講師にまでなった道のりをお話します。
プレゼンの緊張は真似することで緩和できる!
他の分野の講師の話しを聞きに行き、良い所を真似することで、プレゼンのあがり症を克服しました。
あがり症を治すために必要なのは入念な準備と最初の20秒、あとは開き直り!
人前で話すコツ!それは、入念な準備と最初の20秒、あとは開き直りだと思います。
あがり症、緊張感をほぐす方法
完全に緊張感を取ることは出来なくとも、ある程度ほぐす方法はあります。私は、これであがり症をある程度克服出来ています。