あがり症、緊張感をほぐす方法

大勢の人の前でスピーチをしなければならない時、面接や集団面接の時、新しい環境での自己紹介など色々な場面で人は緊張したりあがったりしてしまいます。

 

その為に大切な場面で思いもよらない失敗をしてしまったりしては大変ですよね。

 

「数多く同じような経験を積んでいけば徐々に慣れていく」とか「その緊張感をむしろ楽しめ」などと私は父によく言われましたが、「大勢の人の前で話す」「面接」ような機会など普通はそんなに頻繁には無いですし、私にはあまり参考になりませんでした。

 

 

そこで私が実際にやっている方法をご紹介しようと思います。

 

呼吸を整える

 

あがっている時・緊張している時は脳が激しい興奮状態にあるので呼吸が浅くなったり乱れがちになり、結果脳内の酸素が足りなくなってしまい更に呼吸が浅く早くなってしまうという悪循環に陥るようです。

 

逆に睡眠時やリラックスしている状態の時、呼吸は深く安定しています。

 

という事は無理矢理にでも呼吸を深く一定にするように心掛けると、冷静を取り戻しやすいかも知れません。

 

この方法は私には結構効果があるようでした。

 

やり方は深呼吸のような要領で、口から深く息を吸い鼻からゆっくり息を吐き出す…を何回か繰り返していくと気持ちが落ち着いてきます。

 

この時に目を閉じたりするともっと効果があるように感じます。

 

体を動かす

 

これはできれば立ち上がってちょっとした伸びなどのをするとより好ましいのですが、座っていて立ち上がれない場合などでしたら口でも手でもどこでも良いので動かしてみます。

 

これは激しい緊張感やあがっている状況では筋肉も硬く凝ってしまっていたりするので、それを解そうと意識する事で体を少しでもリラックスさせてあげるのが目的です。

 

 

あがり症や緊張は脳からの自己防衛の為の大切な指令なのでそれを全く取り除くのは難しいですが、呼吸や体を少しでもリラックス状態に近づける事は気持ちも和らげることに繋がると感じます。

 

緊張やあがり症で困った際にはぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

関連ページ

外国語を学んであがり症を克服
元々が極度のあがり症だった私が、慣れない外国語でのスピーチをすることにより、日本語でのスピーチでは、全くあがることがなくなりました。
あがり症を治した、交感神経遮断術
「あがり症」にも、色々な原因がありますが、「汗が原因」であがってしまうという方は、「交感神経遮断術」は、非常に有効かと思います。
プレゼンの時のあがり症をイメトレと大きな声で克服!
プレゼンの時のあがり症を複数の方のアドバイスにより、イメトレと大きな声を採用。見事に克服できました。
あがり症を克服した簡単な方法
深呼吸・完全な事前準備・現場では忙しくすること、たったこれだけの作業で、私はあがり症を克服することができました。
プレゼンでのあがり症をこうやって克服した!
社会に出ればどうしてもプレゼンををしなければならない場面に遭遇します。あがり症の私がそんな場面を克服した方法をお伝えいたします。
自分を安心させることがあがり症克服のポイント
いかにして自分を安心させるかということがあがり症を克服するためのポイントです。
スピーチを通してあがり症を克服した方法とは?
極度のあがり症だった私が、会社でのスピーチを通してあがり症を克服出来た方法とは?
就活の面接で緊張しないコツ
就職面接の場で緊張しないで自己PRできるようになるコツについてお話します。
子供の頃からのあがり症。治っていませんがなんとかなります
わたしは、子供の頃からあがり症でした。今現在治ってはいませんが、なんとかなっています。
手が震え、口の中が乾き、心臓がドキドキしていたあがり症を克服!
小学校の頃からのあがり症(手が震えて口の中が乾き、心臓がドキドキいって呼吸が浅くなるといった症状)を克服しました。
学校での読み上げの声の震えを克服した方法
大学での出来事。読み上げの声が震えて止まらない。なんとかとりつくろったもののトラウマが。その後どうやってそのトラウマを克服したのかお伝えいたします。
本当の自分を知ることがあがり症克服のカギ
人は自分のことをどう思っているのだろう、変な風に思われたら嫌だな、という気持ちが、あがり症に繋がっていったのかもしれません。ただ、今は本当の自分を知ることにより克服出来ています。
あがり症克服して講師になった
極度のあがり症を克服し講師にまでなった道のりをお話します。
プレゼンの緊張は真似することで緩和できる!
他の分野の講師の話しを聞きに行き、良い所を真似することで、プレゼンのあがり症を克服しました。
あがり症を治すために必要なのは入念な準備と最初の20秒、あとは開き直り!
人前で話すコツ!それは、入念な準備と最初の20秒、あとは開き直りだと思います。